ミョウバンで紫陽花ドライの作り方

ちゅーす( ̄Д ̄)ノ
最近暑くて猫用ひんやり鉄板で足を冷やしながら寝てます。これ、毎年活躍してます。ほんとにひんやりやわー。
さてさてさて待ちに待った紫陽花の季節になりました( ̄▽ ̄)ノ
年に一度の紫陽花のドライのチャンス。去年は失敗に終わりました。
では、ミョウバンを使った紫陽花ドライの作り方アップします。
やっぱ、紫陽花はブルーに限るわ↓

(null)
*紫陽花ドライの作り方*

材料
・終わりに近い、晴れが続いた後の紫陽花←若いやつはダメです。
・ミョウバン←薬局に売ってます。

作り方
①紫陽花の茎に切り込みを入れ、わたをぬきます。

(null)

(null)
②コンロで焼いて、ミョウバンをすりこみます。

(null)

(null)
③少なめの水にさして普通の生花のように楽しみながら待ちます。

(null)
紫陽花ドライってなんか、難しいらしいです。私も二年続けて敗北。
まあ、人に頂く紫陽花だから、切り取る時を選べんし。
今回頂いた紫陽花もじゃんじゃん降りの日( ̄Д ̄)ノ
ダメもとで除湿機のある部屋を閉め切って乾燥させています。
こんな感じなんで
成功した時はかなり嬉しいです。
さて、今日の一枚は、だんだんいい感じになってきた多肉ちゃん。

(null)
いや、まてまてまて。
今日の一枚はやっぱ、こっちやろ。

(null)
猫用ひんやり鉄板〜( ̄▽ ̄)ノ
名前知らんし。
うちの猫が一回も使ってくれんから、私が使うようになりました。
アイスノンみたいに痛いほど冷たくはないんでちょうどいいんですよ。
お宅にも一枚いかが?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です